Entries

スポンサーサイト

「日本国憲法」という名の鎖

今回は憲法についてお話しします。よく反改憲派が 「憲法は国家権力を縛るためのもの」だと言うんですね。私もこの考え方には異論はないんですけど、ちょっと気になることがありまして・・・。「憲法は国家権力を縛るためのもの」――この文には主語が抜けているんですよ。それがどうした?と疑問に思われるかもしれませんが、これが意外と落とし穴だったりします。バイデン副大統領「私たちが日本国憲法を書いた。日本は核保有国になり...

閣僚の靖国参拝と中国の抗議――そして、滑稽化した靖国神社

中国、「日本政府の誤った態度が再び示された」=閣僚の靖国参拝に抗議―中国メディア2016年8月15日、日本の一部閣僚が靖国神社を参拝したことに対し、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は「断固反対」と批判のコメントを出した。中国新聞網が伝えた。 陸報道官は「日本の一部閣僚はA級戦犯が合祀(ごうし)され、侵略戦争を美化する靖国神社を参拝した。日本政府の歴史問題に対する誤った態度を再度示すもので、中国は断固とし...

韓国の震災復興イベント中止を嫌韓にすり替える気持ち悪いネトウヨ

韓国で予定の震災復興イベント 突然中止に福島県や宮城県などの特産品などを紹介して東日本大震災からの復興をPRしようと、韓国で20日から開かれる予定だったイベントが突然中止となり、地元自治体が、東京電力福島第一原発事故の影響が懸念されると主張する市民団体に配慮したものとみられます。イベントは東日本大震災の発生からまもなく5年となるのを前に、日本の外務省がソウルの大型商業施設で20日と21日に開く予定...

アベノミクスとモディノミクス。渡る世界はネオリベばかり

「中国の脅威」に絆ガッチリ…蜜月の安倍・モディ首相、原子力も新幹線もグイグイ 【ニューデリー=田北真樹子】「歴史的な会談」-。安倍晋三首相がこう表現した12日のモディ印首相との首脳会談。5回目となる会談で、両首脳は両国間で最大の懸案となっていた原子力協定とインドの高速鉄道計画で新幹線方式の導入で合意した。この成果を納めることができた背景には「両首脳の良好な人間関係と、地域の安定を脅かす中国に対する...

日土友好のプロパガンダ。親米国家トルコの陰謀とは…。

日本とトルコ 125年の友情1890年の遭難から1985年のテヘランふたつの救出劇 つないだ絆 1890年のオスマン帝国(トルコ)軍艦・エルトゥールル号の遭難事故から今年で125年。500人超とされる乗組員らが犠牲となったが、和歌山・串本の紀伊大島の住民らの献身的な救助で、69人が生きて古里に戻ることができ、後に日本とトルコの友情の起点と認識されるようになった。東西隔てた日本とトルコは、どんな関係を築いていっ...

Appendix

プロフィール

月読美琴@平成イディオクラシー

Author:月読美琴@平成イディオクラシー
別名義は鳥クックルー。性別はネカマ、性癖はロリコン。
「人類みんな平等で、みんなクズ」がモットー。虚無主義ニヒリズム悲観主義ペシミズム懐疑主義スケプティシズム混沌主義者カオシズムを拗らせた自称『厭世思家』。
気の触れた腐れ外道な捻くれ者。
※暴言・毒舌が多いです。注意。
とある尾翼の毒舌ポイズンタング

人気ブログランキング

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ@最近読んだ本版

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。